takeちゃんのトコトコ

鉄道模型ネタでスタートしたブログだけど・・・。結局、ボクの趣味とみーちゃん(奥様)と姫ふたり(愛娘)のトコトコ日常日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ウェンディ、5才の誕生日です。

20130220 001

今日はウェンディ5才の誕生日です。

もう5年かぁ・・・。

仕事中、ボクはやっぱりウェンディが生まれた日のことを思い返してましたね。

前の日の夜10時くらいだったかなぁ、みーちゃんの陣痛が始まって、(いよいよか)・・なんて思いながら若干慌て気味の自分と、妙に落ち着いている自分が交互に入れ替わっているような、そんな感じだったなぁ・・・。

結果を先に言うと、難産でした。

病院に着いた後は陣痛との戦いに付き添うわけですが、夜明け前になっても赤ちゃんが出てくる様子がなくて、そのまま朝になってようやく爺さん先生が来てみーちゃんを診察するや否や、それまで穏やかだった看護士さんたちが急にバタバタと慌しくなり、先生からこう言われました・・・。

先生)  赤ちゃんが反対側を向いているせいで、下まで降りてこれなくなっていて、
     このままだと危ないから、手術になるかもしれないけど・・・・、
     とりあえずその準備だけさせてるから。

ボク)  (・・・えっ?・・何それ?・・)
     手術って、どう言う意味ですか?

先生)  帝王切開になるかもしれないってこと。
ボク)  そうなんですか?・・・・・・・・、わかりました・・。


この時、先生が「危ない」って言葉を使ったかどうかはっきり覚えてないけど、雰囲気からそういう状況だったと、今も思えます。


タイミングの悪いことに、この日の朝は配達の仕事が入っていて、その時間も迫っていたことも重なりボクはかなり焦っていて・・・、だけどボクに出来ることは何もないから、慌しい様子を立って見ているだけで・・・、そうこうしている内に配達の時間がきてしまい、苦渋の想いの中・・・・・、

ボク)  配達があるからちょっと行くけど、すぐ終わらせて戻るからね。

って、みーちゃんに言ったんだけど、この時のみーちゃんは体的にかなり辛そうでした。

こんな事は考えたくもないんだけど、もしこの出産でみーちゃんや赤ちゃんに何か起きてしまってたら、高が配達程度の理由で病院を抜けたことを、一生後悔して生きていくことになっていたんだろうなぁ・・・と、今日始めてそう思いました。
でもそうはならずに、2人とも無事だったし、今はアリスちゃんも生まれて4人で暮らしているという事実があるので、あの時もしも・・・って考える事はすぐに止めました。

5年前の続きを書きますが、
配達に行っている間は不安以外何も無く、早く仕事を済ませて病院に戻りたいという想いだけでした。
なので、この時は完全に『やっつけ仕事』的な気持ちで車を走らせていました。

無事配達先の事務所に着いたんだけど、肝心の受け取る側の人間が誰もおらず・・・、
(っんだよっ!!いねーじゃんかっ!!ふざけんな!早く来いよ!!!)って強く思いました。

入り口の斜め前あたりに車を止めて来るのを待ってたんだけど、この待ってる時間がすごく煩わしいと言うか忌々しいと言うか・・・・・、
(ひょっとしたら裏口から入って来てるかも!)なんて勝手に思って、何回か車から降りて見に行ったりしたり・・・。
とにかくこの時間は本当に嫌だったなぁ・・・。


どうにか仕事を済ませてすぐ病院に戻り、さっきまでみーちゃんがいた部屋に駆けつけると、もうその部屋には誰もいなくて、電気も消されてて・・・、
自分でもこの部屋にまだいるとは思ってなかったんだけど、実際に電気が消されたその部屋を見たときはとてもとても嫌な気分になって、そばにいた看護士さんに「〇〇ですが、どうなりましたか?」と夢中で聞いたら・・・、

ナース) あっ!お父さん!?どこ行ってたの?
     今先生呼んできますから。

ボク)  あっ!先生っ!どうなりましたか?
先生)  大丈夫大丈夫!無事ですよ!
ボク)  (あぁ~・・、良かった・・・)
     ・・・・・それで、どっちだったんですか?

先生)  女の子です!
ボク)  えっ・・!あぁ~・・・女の子なんだぁ。。
     って言うか・・あの・・、自然分娩だったんですか?それとも帝王切開ですか?

先生)  あぁーーあぁーー、手術で出産しました。
ボク)  ・・・そうでしたか・・、でも無事なんですね・・、ありがとうございました。
先生)  でもあの状態が続いてたら、危なかったと思うから手術して良かったですよ!
ボク)  ・・・危ないって、どっちがですか?
先生)  赤ちゃんの方が。


実は性別を前もって教えてもらえず、生まれてくるまで男の子か女の子か分からなかったんです。
だから名前も男の子用と女の子用を考えていたんだけど、この時はそれどころじゃなかったので、性別がどっちかなんて頭の中から完全に消えてました。。


あの日から、今日で5年なんだなぁ。。
ウェンディが生まれた日でもあるし、ボクが父親になった日でもあり、みーちゃんが母親になった日でもあるんだよなぁ。。

20080309.jpg

この写真は生まれて半月くらいの頃なんだけど、みーちゃんと育て方について軽く話したことがあって、

みー)  この子は、褒めて伸ばそうと思ってるから!

この意見はボクも全く一緒だったってこともあって、今もそれがボクの教育方針になってます。
それでもなかなかうまく出来ないことも多くて、だから今日は初心に戻ってあの日の事を思い返してました。

5年前の今日は慌しく不安で、ようやく安心したらドッと疲れて・・・、
感動して涙するなんて暇はなかったけど、今思い返すと少しですが泣けてきます。。。


20130220 003これまで4回ウェンディの誕生日を祝ってきたけど、
今日は「おめでとう!」だけでなく、
「生まれてきてくれて、ありがとう」と初めて言いました。
ウェンディも「ありがとう。。」といつものように返してくれて。。

これからも末永く。。
よろしくお願いします。


ランキング参加してますm(_ _)m。
みなさまからの励みの1票、お願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 女姉妹だけへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

 我が家のトコ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。